株式会社は株主のものですから、経営に参画することができます。そして、全体を動かすことができると考えられます。この権利についてですが、保有している株数に応じてその権利を得ることができます。複数の株主がいるわけですから、株数に応じて権利を与えているのです。いつでもどのような形でも参画できるのではありません。参考決定機関は株主総会ですが、これが開催されたときに議決権を得ることができるのです。会社の重要な決定を行うときには、多くの株式を持っていればそれだけ決定権を多く持っていると言えるでしょう。ですから、半数以上の株式を保有していれば、多数決では負けることはありませんから、基本的な方針をすべて決定することができます。

 
具体的にはどうすれば良いのかというと、例えば、取締役の選任するときにも権利を主張することができますから、能力の優れた人を取締役として送り込むこともできるのです。もしも取締役の方針が会わないのであれば、解任して別の人を取締役にする事もできるでしょう。実際に経営を行うのは取締役ですから、その取締役を選任できると言うことは、全体を動かす権利を持っていると考えられるのです。これが議決権を持つことの意味です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。