株主は出資した株数に応じてその権利を得ることができますが、その一つが配当金等の利益分配を受け取る権利です。

 

株式会社は利益を追求する組織で、その利益についても株主に分配することが求められます。

 

そのために出資をしているのですから、当然のことだと言えるでしょう。

犬11

配当とは、利益を分配することを指すのですが、この金額は1株あたりについて決定されいます。

 

ですから、保有している金額が多ければ多くの配当金を得ることができるのです。

 

配当金の金額は利益によって決定されますから、利益が大きければ多くもらうことができるという特徴があります。

 

年に1回か2回くらいに分けて分配されることが多いです。

 

企業によっては、4半期ごとに配当を行う事もありますが、最近ではあまり多くはありません。

 

会社の設立などの記念のイベントがあったときには、記念配当が出されることもあります。

 

会社の業績が悪くなると配当を出すことができなくなる場合もあります。

 

配当の金額は大きいかどうかは株価に対する金額で計算することが多く、この割合のことを配当利回り、あるいは配当金利回りと呼んで、株価が適正なのかどうかを判断するための指標の一つとして用いられています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。