株式と言うのは、均一に細分化された、株式会社の株主の地位を示す有価証券のことです。この株式を所有していると、株主はその株式を発行している株式会社に対して種々の権利を有していることになります。この権利は、二つの種類に分類することができます。一つは自益権と言う権利です。この権利は、株主が会社から経済的利益を受け取ることを目的とする権利です。

 

具体的にいうと、株式会社が有する余剰金の配当や財産の分配を請求する権利や、名義書換、株式買い取り、単元未満株式買取等の請求権や、新株予約権の割り当てを受け取る権利等が含まれます。つまり、経済的利益を受け取ると言っても、必ずしも直接的に金銭の受け取りのみを意味するのではないのです。また、この権利の行使の効果は、行使した株主にのみ及びます。

 
もう一つの権利は共有権と言う権利です。この権利は、株主が株式会社の管理運営に参加し、経営に加わることを目的とした権利です。この権利の行使の効果は、他の株主にも及びます。具体的な権利としては、議決権や総会決議取消訴権、累積投票請求権や代表訴訟提起権、新株発行差し止め請求権などがあります。また、一定割合或いは一定数以上の株式を有する株主には、株主提案権や総会招集権、それに取締役等の解任請求権等があります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。