企業は色々な形で情報提供をします。

 

企業が販売する商品やサービスの情報を伝えることはPR活動と言われます。

 

これも情報提供の一つだと言えるでしょう。

 

企業はとってお客さんは大事な存在ですから、ここにコストを投じるのは当然のことだと考えられます。

 

それとともに、株式会社は株主という存在があります。

 

この株主に対しても情報提供をする事は必要でしょう。

 

あるいは、将来的に株主になってくれるかも知れない投資家に対しての情報提供も必要です。

 

この情報提供がIRと呼ばれます。

 

IR情報を提供することによって株価が上昇する傾向はあります。

 

株価が上昇すれば企業の価値は高くなりますし、資金調達も容易になるという傾向があるのですから、株式会社にとってはメリットは大きいと考えられます。

 

PRとの違いは、投資に関する情報を提供することです。

 

例えば利益がどれくらいあったのかや、あるいは資産がどれくらいあるのか、売上はどれくらいあるのかといった情報を提供することになります。

 

株式上場をすれば、取引所が定める情報は公開をしなければならないのですが、IRではそれとは関係なく企業が独自に決めます。

 

ですから、その方法はまちまちで、データだけを公開することもあれば、会社見学会を開催することなどもあります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。