インサイダー取引とは、様々な金融商品の市場での信頼を損なう不公正取引で、この取引の禁止理由は、金融商品市場の信頼確保や投資者の保護が目的となっています。

 

一般投資者が不利にならないように、内部者登録などを行い、この不正な取引を未然に防止しています。

 

この取引とは公開企業の会社関係者が、投資者に分からない、未公開になっている会社の情報を知りながら、この情報が公開される前に会社の株式を売買する事で、この取引は金融取引法第116条で禁止をされています。

 

株式取引が正しく行われることは、投資の判断材料となる、会社の情報が、取引に参加をする一般投資者に情報が提供されることが必要となり、発行する会社は情報を公開する義務があります。犬10

 

この取引には厳しい罰則があり、この取引の規制を知らなくても罰則が科せられてしまいます。

 

罰則には5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金や内部者取引行為で得た財産の没収、内部者取引行為を行った法人に対して、5億円以下の罰金の罰則があります。

 

公表は放送局や通信社一般紙などの2つ以上のマスコミに対して情報を公開して、時間が12時間以上経過をすることで、この情報が公開されることによって公正な取引が行われます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。